FAXDMの施策、FAX番号のリスト疲労対策編

faxdm-fatigueFAXDMとはその名の通りFAXで送るダイレクトメール。

郵便物やメール便に比べ低コストで送ることができ、またFAXが届いた瞬間から開封状態と同じなので、キーマンの目にも触れやすい着眼率100%のツールです。

そんなFAXDMでも同じFAX番号に対して繰り返しFAXDMを行っていると、やがて効果・反応率は減少傾向になります。

リスト疲労に陥っている状況になります。

そもそも、FAX番号はどのように収集しているのか

FAXDMには送信先のFAX番号が必要となります。

すでに沢山の取引先や見込み客情報を保有している企業であればハウスリスト(取引先や見込み客情報)で行うのが最良の方法ですが、

しかし、新サービスなどの新たな事業展開には、ハウスリストが不向きであったり、
また、大幅な顧客数の獲得目的に対して、送信先の件数が不足してる場合もあります。

そうなると、様々な方法てFAX番号を集めるしかありません。

一般的な収集・保有方法としては次のようなことが行われています。

  • 社内スタッフで収集する
  • リスト販売会社より購入する
  • クラウドのリスト収集サービスや市販の収集ツールを使う

FAX番号のリスト疲労対策とは

同じFAX番号に対して繰り返しFAXDMを行っていると、やがて効果・反応率は減少傾向になります。
リスト疲労に陥っている状況といえます。

このよう場合、FAXDM原稿のキャッチコピーやオファーなど、
原稿の見直しを行うと一時的に改善する場合もあります。

もう一つの方法としては、リスト疲労していないFAX番号を常に用意することです。

前述した、「リスト販売会社より購入する」、「クラウドのリスト収集サービスや市販の収集ツールを使う」
方法では、すでにリスト疲労を起こしている可能性が高いと言えます。

それは、クラウドなとで行うリスト収集サービスは、特定のサイトの収集にしか対応しておらず、
利用者が多ければ多いほど、リスト疲労の度合いも高くなっているからです。

本当に必要なFAXデータは、クラウドのリスト収集サービスには無く、
件数は少ないが業界専門サイトにあったり、PDFの形式になっていたりと、
様々なサイトやファィルの中に混在しています。

他社より一歩抜きん出たマーケティングを行いたい担当者の方であれば、次のよう要望が強くあります、

  • リスト疲労していないFAX番号で送信したい
  • 自社の商品サービスに関心が高い顧客だけにFAX送信したい
  • ターゲットの絞り込みを行って上でFAXDMを送信したい

そこで、上記のような要望を満たすために「社内スタッフで収集する」方法をおすすめいたします。
その理由は、自社の商品サービスと顧客・見込み客の関係を一番把握しているのが、社内スタッフの人だからです。

ただ、そうは言っても、忙しい業務の中では現実的ではありません。

そのような場合、中心的な役割(FAX番号収集の要望など)は社内スタッフの方が把握して、収集からリスト化までを外部委託にすることで、リスト疲労していないFAX番号の使用が可能となり、効果の上がるFAXDMが行えます。

お問い合わせ

FAX番号のリスト疲労対策として、Webデータ収集リスト作成データ属性付与サービス
お客様のFAXDM成功の為のサポートを行っております、

お問い合わせ

関連記事

ページ上部へ戻る