データクレンジング

データ管理の基本は、データクレンジングから

データクレンジングとは重複や誤記、表記の揺れなどを探しだし、修正・削除・補完などのデータ整備を行います。重複もなく表記も統一されているデータは、管理もしやすく、DM発送やテレマーケティングなどマーケティング活動を行う上で大きなメリットがあります。

1)ご利用事例2)処理内容
3)名寄せ・重複チェック

data-cleansing-2

お問い合わせフォームへ移動します

データクレンジンのご利用事例

顧客に重複した営業活動を行うことは、信頼度の低下を招きかねません。

例)・同一の顧客に同じ内容を何度も電話してしまうことを防ぎたい。
例)・住所の不備によるダイレクトメールの不着を減少させたい。
例)・一世帯に1つだけ特典商品をお送りしたい。
例)・一世帯の会員人数を把握したい。

データクレンジング・処理内容

データクレンジングは多様な処理が可能です。お客様の業務に適した処理を確認しながら决定いていきます。

処理サービス内容
法人名法人格を希望の形式に統一します
例①:株式会社、有限会社、一般財団法人 → (株) (有) (一財)
例②: (株) (有) (一財) → 株式会社、有限会社、一般財団法人
法人名、部署名の分離
氏名氏名分割・・・姓と名に項目を分離します
電話番号クリーニング電話番号クリーニングは電話回線が通信可能かどうか判定するサービスです。
DMの発送前の使用で不着を削減して、無駄なコストを軽減します。
電話番号市街局番が無い電話番号の補完
ハイフンが欠落している電話番号のハイフンの付加
電話番号を3セクション (市街局番、市内局番、番号)に分割します
文字種の書式統一半角/全角の統一
カタカナ、ひらがなの統一
空白文字の処理(前後の空白除去、文字数統一)
生年月日の和暦または西暦への変換
日付、時刻項目の表示(和暦、西暦、AMPM、その他)
数値、通貨項目の表示(カンマ区切り、%、小数点、その他)
住所住所の細分化・・・都道府県、市区町村、町域、番地、建物などに分割いたします
欠落している、住所(都道府県、市区町村、町域)の補完
住所変換・・・・市区町村合併など最新住所への変換
住所コード、カスタマーバーコード付加
住所表記統一・・・・丁目をハイフンに変換する、番地を除去するなど
データレイアウトデータレイアウトは、自由に設定が可能です
属性付加サービスレンジ設定・・・各種値をグループ化した記号で表記します
例①:従業員数の表示  300人以上→A、300人以下→B、20人以下→C
ふりがな付加
日本標準産業分類コードの付加
電話番号の使用状況の有無
その他企業情報の付加

名寄せ・重複チェック

名寄せ・重複チェック処理後の納品ファィルの形式は、方向性を確認する打ち合わせのうえ决定いたします。
下記の納品ファィル形式が標準的に多く使用されています。
① 重複があるデータのうち1つは残し、その他の重複データにはフラグを設定して判別できるようにしておく
② 重複があるデータのうち1つは残し、その他の重複データはすべて削除し、別ファィルとして保存する

処理区分チェック内容
単一項目検査1つの項目で名寄せ・重複チェックを行います。
事例①:電話番号の重複は許可しない
事例②:住所の重複は許可しない
複合項目検査複数項目の組み合わせで名寄せ・重複チェックを行います。
事例①:社名と住所の組み合わせの重複は許可しない。
事例②:社名と電話番号の組み合わせの重複は許可しない。
事例③:①と②の両方の組み合わせを許可しない
条件判断重複がある場合、どちらのレコードを優先して残すか条件を設定して処理ができます。
事例①:更新日が新しい方を優先する。
事例②:データ量・文字数が多い方を優先する。
単一ファィル検査単一ファィルの場合、その単一ファィルデータに重複がないかチェックします
複数ファィル検査複数のファィルがある場合、複数ファィルの間で重複がないかチェックします
指定ファィル検査お客様が保有しているデータと指定する各種データ(統計情報、マスター情報など)との重複をチェックします
表記のゆれに対応表記のゆれにも対応し、重複チェックを行います。

◆事例①:下記の住所は、同一とみなし重複処理が可能です。

・新宿区西新宿2-8-1
・東京都新宿区西新宿2丁目8番1号
・東京都新宿区西新宿2−8−1
・東京都新宿区西新宿2−8−1-1501
・東京都新宿区西新宿2−8−1スカイビル1501
※処理レベル変更可能です。ご相談の上処理レベルを確定いたします。


◆事例②:下記の電話番号は、同一とみなし重複処理が可能です。

・03-3333-0001
・033-333-0001
・0333-33-0001

お問い合わせ

お問い合わせ

関連記事

ページ上部へ戻る