地域包括支援センターデータベース

4,300箇所以上、各市区町村の施設をカバー

地域包括支援センターは、高齢者における地域ケアの中核拠点として、介護予防や相談窓口などを総合的に行う機関である。
センターには社会福祉士、保健師、主任ケアマネジャーの3職種が配置されており、市町村又は地域支援事業(包括的支援事業)の実施を市町村から委託を受けた者が設置者となり運営を行っています。

1)ご利用事例2)地域包括支援センターの現在
3)データ項目4)データ管理

地域包括支援センターの画像

お問い合わせフォームへ移動します

ご利用事例

介護施設データ画像・ 介護用機器やサービスのターゲティングデータとして
・ 地域包括支援センターへのアンケート、調査業務に
・ 各種システムの組込み用データベースとして
・ DM(ダイレクトメール)の発送リストとして
・ 営業リスト(見込み顧客)として

地域包括支援センターの現在

地域包括支援センターの運営は、市区町村が直接直営するのが3割で、約7割が委託法人となっています。
委託法人の構成割合は、社会福祉法人がトップで(53.3%)続いて社会福祉協議会(19%)、医療法人(16%)、社団法人(3%)、財団法人(2%)、株式会社(2%)、NPO法人(1%)となっています。
出典:厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/dl/link2.pdf

データ項目

基本項目
施設名設置主体郵便番号都道府県市区郡名
町域番地電話番号FAX番号設置年月日交通機関

地域包括支援センターデータベースの項目は地域により掲載内容に差異がございます。

データ管理

前回ご依頼データとの差分抽出や集計表の作成など、ご要望に応じた様々なデータ管理を行っております。

処理区分管理内容
集計表作成登録されているデータを元に、単純集計表、クロス集計表などを作成します。
差分チェック2回目以降のご注文時に、前回データとの差分チェックを行い、新規に追加されたデータや更新されたデータなど必要としているデータだけの抽出作業を行います。
データ更新指定された条件での、データ更新(社名変更、敬称変更、住所変更)、データ削除、データ追加作業などを行います。
アクション履歴の登録DM発送、DM不着などマーケティング作業に関しての結果を登録する作業
カスタマイズ管理お客様のご希望の処理を定期的におこないます

地域包括支援センターデータベースは、厚生労働省厚生局のオープンデータとグレイス・アイが保有する「各種法人データ」を元に、独自のシステム・調査方法で検収・構築したものを収録しています。

お取引の流れ

STEP 1
flow_back-01
お問い合わせお電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
STEP 2
flow_back-01
お見積りデータの作成要件、納品データの仕様などについて確認させていただきます。確認内容を元にお見積りいたします。
STEP 3
flow_back-01
ご注文お見積りにご了承いただけましたら、電話、メールもしくはFAXにてご発注のご連絡をお願い致します。
STEP 4
flow_back-01
納品・確認お客様ご指定の形式でデータを納品いたします。
成果物に対して、ご確認いただきます。
STEP 5ご入金納品月の末締めで請求書の発行となります。翌月末にてご入金願います。
但し、お客様の会社規定のお支払いサイトがある場合は、変更可能です。

お問い合わせ

お問い合わせ

関連記事

ページ上部へ戻る